人間関係がラクになる距離感

読書感想

小池龍之介著『やっかいな人を自分のお城に入れない方法』に
ずっと心に残っている一文があります。

私の中で、徐々に、誰のことも

「特別扱いしたい感」がなくなっていきます。

「誰も嫌わないし、誰も好まない。

一昨日より昨日のほうがそうですし、昨日より今日のほうが

いっそうそうなってくるのです。

嫌いなひと、苦手なひと
好きな人、仲の良い人も
区別なく特別視しないとは
とても妙だなと、ずっと心に残っていました。

しかし、
最近数冊の本を読んで、
この内容とリンクするところがあり、
腑に落ちるようになりました。

中野信子著『空気を読む脳』

中野信子著『空気を読む脳』を読んだ時、

親子、友人、パートナー、同僚・・・

人間関係は60%の関係が理想、とありました。

なぜ、互いに親密で近い距離にいながら
100%の関係ではいけないのでしょうか。

その心は、、、

人と人が親密になると、
愛情ホルモン『オキシトシン』が分泌されます。
これにより、やすらぎ、癒し、幸福感が得られます。

しかし、
このオキシトシンが
過剰にはたらくとクセモノです。

人は親密になり過ぎると
「相手のことをコントロールしたい」
と思うようになるのです。

毒親や、パートナーのDV問題などは
これが原因の1つでしょう。

もう少し小さなケースだと、
最初はラブラブだったカップルが
勢いはずんで同棲を始めたとしましょう。

すると、最初はお互いの距離の近さに嬉しさを感じるものの
だんだん相手のイヤなところが目に入ってきます。
それらが許せなくなってくるんですね。

人と人はある程度の風通しが必要。
「60%の関係」とはこのことだったのですね。

小池龍之介さんの書籍の内容で言うと、
その時、その時に応じて、あっさりとした優しさを向けてあげることが
人間関係をラクにする、ということだったのです。

ゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~ | 小林 弘幸 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小林 弘幸のゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~。アマゾンならポイント還元本が多数。小林 弘幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
やっかいな人を自分のお城に入れない方法 | 小池龍之介 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小池龍之介のやっかいな人を自分のお城に入れない方法。アマゾンならポイント還元本が多数。小池龍之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またやっかいな人を自分のお城に入れない方法もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ちなみに先日読んだ小林弘幸著『ゆっくり生きれば、遠くまでいける』には

「Dont Believe nobody」(誰も信用しない)

というさらにインパクトのあるフレーズが出てきました。

これについてはいずれ別記事で書きたいと思います。

ゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~ | 小林 弘幸 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小林 弘幸のゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~。アマゾンならポイント還元本が多数。小林 弘幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました