「母性」と「父性」の影響を受けて子どもは育つ。―― 湊かなえ著『告白』考察

映画感想

子どもは「母性」と「父性」の影響を受けて育ちます。

「母性」とは包みこむやさしさ、愛情

「父性」とは規律、規範、厳しさ、基準

「母性」と「父性」が適正に働いていれば、子の精神は健全に育ちます。

母親は、子どもに愛情を注ぎこみ、承認し、自己肯定感を高め、自信をつけさせます。
父親は、子が将来ひとり立ちできるように、社会のルール、厳しさ、規律を教えます。

したがって、
「母性」と「父性」が、子の人格形成に大きな影響をあたえる、ということです。

「母性」と「父性」の観点から、
湊かなえ著『告白』に出てくる重要人物、
「修哉」と「直樹」について分析、考察していきます。

これより先、ネタバレありです。

修哉

 クラスでも優秀な成績を修めます。
 中でも科学の知識は相当なもので、学生発明品コンテストに応募し、入賞するほどです。

 しかし、コンテストに入賞しても新聞での扱いは小さなもの。
 それよりも、同じ中学生が起こした殺人事件が紙面を大きく飾ります。

 殺人を犯すほどのインパクトがないと誰も自分を認めてくれない、と錯覚し、
 クラスでも陰気な直樹に、友達になろうと歩み寄り、そそのかし、共謀し、
 クラスの担任、森口先生の娘を殺す計画を企てます。

 修哉は「誰かに認められたい。褒められたい」事に執着しています。

修哉の母 典型的な毒親

 修哉の母親は科学者であり、研究職に就いていましたが、結婚を期にその道を閉ざします。
 しかし、今度は研究職としての夢を息子に託し始めます。
 
 まだ幼い修哉に、無理な課題を押し付け、
 何度教えても出来ない息子に、ヒステリックを起こし、
 暴力を振るうように。

 結局その家庭内暴力が原因で、修哉の父と母は離婚し、修哉の母親は家を去ります。
 
 これにより、修哉は、幼少期から、母親からの包みこむような
 「愛情」や、「承認」といったものが完全に抜け落ちて育ちました。

 そのせいで修哉は誰かに褒められたい、認められたいといったことに執着していたのです。

修哉の父 父性の欠如した父親 

 修哉の父親は作中では存在が薄いですが、修哉の口から決定的な一言が出ます。

 「最低な凡人と結ばれ、生まれた子、それが僕だ。」

 「凡人」、つまり、
 厳し過ぎる態度の父親というわけではないが、
 憧れの存在になるほどの魅力も感じない父であった、という事です。

 つまり、修哉の父親には「父性」が欠如していたのです。

 「父性」とは社会のルールや秩序、つまり、
 良い行いと、悪い行いといた善悪の区別、けじめを子に教えるものです。
 
 これが欠如すると、子供はやって良い事と、悪い事、物事の善悪がつかなくなります。

 現に修哉は動物虐待という非行に走るようになります。

修哉の人格

 修哉はこのように「母性」と「父性」の影響を受けて、今の人格を形成しました。

 世間から認められたいという承認欲求を満たそうと必死になり、
 善悪のつかない犯罪行為に走るようになったのです。

 次回は『告白』のもう一人の重要人物「直樹」について分析、考察します。

参考文献:「父性」について映画、アニメ作品を考察する作品評論の名著

created by Rinker
¥1,584 (2024/04/17 23:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

参考文献:「父性」について学ぶならこちらがオススメです。

created by Rinker
¥258 (2024/04/18 14:59:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました