なぜ、Vtuberのコメント欄は荒れるのか(にじさんじ、ホロライブ)

雑記

結論からいうと、「愛」ゆえです。

なぜ、「愛」ゆえにコメント欄は荒れるのか
解説したいと思います。

※ 私、個人の見解です。
※ 全ての原因をこの結論で総括りにしているわけではありません。

「Vtuberのコメント欄が荒れる」の定義

・配信中、または、アーカイブ、待機画面、フリーチャットのコメント欄に
 配信者本人、またはファンが不快に思うコメントを投稿し、
 それを火種に言い争いが起こること。

・“わざと”不快なコメントを投稿する人や、
  “わざと” 騒ぎを大きくしようとする人は
 考察の対象からは除外する。

以下の文章では、下記の書籍を参考、引用しています。

created by Rinker
小学館
¥858 (2024/04/18 19:06:58時点 Amazon調べ-詳細)

いじめの原理

ヒトには、「コミュニティを護る」本能が刻まれている

原始の時代からヒトは弱い存在でした。
パワーもスピードもどう猛さも、肉食獣に劣り、
対抗する術はありません。

そうしたヒトがどうして今日まで「種」を残せたかというと、
それは、ヒトとヒト同士が協力し合う、
コミュニティを形成したからです。

男たちは狩りに出かけ、女たちは家や子どもを守り、
食べ物を分け合ったり、協力して住居を作ったり、
農業を営むことで、弱きヒトは今日まで生き延びられたのです。

「コミュニティ」最大の敵とは

このコミュニティ最大の敵は、
「ズルをする者」「輪を乱す者」たちの存在です。
そういった者たちには「制裁」が加えられました。

そうしなければ、コミュニティの、生命の危機を招いたからです。

こうしてヒトの本能に、
「ズルをする者」「輪を乱す者」 の存在を検知する機能が備わりました。

これが適切に機能している範囲なら問題はありません。
(むしろ必要なことです。)

現代では襲ってくるどう猛な動物もいません。

こうした機能だけが本能として残っていません。

「コミュニティを護ろうとする意識の高さ」「愛」ゆえに
この本能が「暴走」します。

なぜ、Vtuberのコメント欄は荒れるのか

最初の1人が配信者本人、またはファンにとって不快なコメントを投稿します。

すると私たちには 「輪を乱す者」 を検知する機能が備わっているので
反応します。

そして、「愛」ゆえに、それまで平穏だったコミュニティを荒らされるのは
許すまじと、それに応じたコメントを返します。

その応酬でコメント欄は荒れます。

やっかいなのは、この「愛」です。

最初のコメントに応じてコメントする者は、

「輪を乱されたくない」
「大切なモノを壊されるかもしれない」
「大切なモノを傷つけられるのかもしれない」

「護らなければ!」という「正義感」で動きます

ゆえに、
最初は紳士的な口調でも、ついエスカレートして、
強い口調で返したり、暴言のような形で応じてしまいます。

しかし、本人(最初の荒れそうなコメントに応じる者)は、
「正義感」でやっているので、決して悪気はないのです。

解決策

① ヒトには、 「ズルをする者」「輪を乱す者」を検知し、
制裁を加える本能が刻まれていることを知る事が第一歩。

② コメントをする前に、「愛」ゆえに、暴走していないか、
立ち止まって考えてみる。

(投稿したあとでも自身の暴走に気づいたなら、
投稿を削除するなどの対処を考えてみるのもいいですね)

③ 「愛し過ぎること」は、ときに問題となることを知ったうえで
推し活をする。

まとめ 自分自身の戒めとして

にじさんじの夢月ロアさん、金魚坂めいろさんの件や
ホロライブの魔乃アロエさんの件からは
学ぶことがたくさんあるように思います。

Vtuberの動画の概要欄にはほぼ、
「コメント欄でケンカしないでね」といった注意書きがあります。

ヒトの本能を知ることで、「火種」に対して過剰に反応したり、
「愛」ゆえの、大切な存在を護りたい一心から「暴走」してしまう行動
に対し、ブレーキをかけることができると思います。

私自身もVTuberが大好きなので、これらを
常に戒めとして、心に刻もうと思います。

読んでくださっている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました