LGBTQを考える「同性を好きになった時に読む本」

読書感想

時代は物語を求めている

「物語」と「情報」は違います。

「物語」は出会うと以前の自分に戻れなくなる性質があります。

幼い頃、トイレの怪談を聞いて、
それから夜一人でいけなくなった・・・、
なんてことありませんでしたか?

「物語」に触れ、登場人物たちの視点になって
世界をみてみれば、視野が広がります。

「物語」は、多くの人の理解の手助けになります。

それが「物語」最大の効用だと思います。

NHK 理想的本箱 君だけのブックガイド
「同性を好きになった時に読む本」というテーマで
紹介されていた本が面白かったのでまとめてみました。

『弟の夫』田亀源五郎

こちらは漫画作品です。

第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、
第47回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
第30回アイズナー賞最優秀アジア作品。

主人公の弥一は小学生の娘・夏菜を男手一つで育てるシングルファーザー。

そんな彼のもとに弥一の双子の弟・涼二の結婚相手だったカナダ人男性・マイクが訪れます。

不思議な縁でつながった3人の、同居生活を描いたホームドラマ作品です。

created by Rinker
¥628 (2024/04/18 20:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

NHK で ドラマ化もされています。弥一役は佐藤隆太さん

※ YouTube側の設定で日本語字幕が設定出来ます。

カミングアウト・レターズ 砂川秀樹, RYOJI

ゲイ/レズビアンの子とその親、生徒と教師の往復書簡をまとめた一冊

これからカミングアウトする側、される側、双方に読んでもらいたいと

製作された本です。

created by Rinker
¥1,870 (2024/04/18 20:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

【幸福のヒント】

「点」という「情報」では、理解が難しいが、

「線」という「物語」なら、相手の視点に立ち、心を通わせることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました